仲介手数料って何?

pexels-photo-92028 (1)

仲介手数料って何?

不動産取引でよく聞かれる「仲介手数料」。英語ではCommission (remuneration)と言われ、宅建業者に支払う報酬のことを意味しています。

日本では、この報酬額が宅地建物取引業法と言う法律によって定められらており、一般消費者の不利益を防ぐように上限が定められています。

売買と賃貸で報酬額の計算方法が違いますが、売買の場合は以下のようになります。

【 手数料の計算方法〜売買〜 】

売買仲介の報酬額上限は、下記のパーセントで計算されます。

  • 200万円以下の部分・・・・・・・・・・・・5%
  • 200万円を超え400万円以下の部分・・・・4%
  • 400万円を超える部分・・・・・・・・・・・3%

 

 

例えば、取引金額が5,000万円の場合だと報酬額上限は下記3つを足した合計金額になります。

  • 最初の200万円までの部分・・・・・・・・・・・・ 10万円(5%×200万円)
  • 200万円〜400万円までの部分・・・・・・・・・  8万円(4%×200万円)
  • 400万円〜5,000万円までの部分・・・・・・・138万円(3%×4,600万円)

合計で、「156万円」が取引金額5,000万円の報酬額上限となります。

 

 

少し面倒くさい計算式ですが、400万円以上の物件価格の場合であれば、

速算式(3%+6万円)で計算できるようになっています。良く目にする不動産会社の仲介手数料3%+6万円と言うのはこの簡略化した計算方法のことです。