スーモなどの物件掲載サイトってどうなの?

pexels-photo-92028 (1)

ポータルサイトについて

物件探しを始めると、必ずと言って良いほど目にするポータルサイト。そもそもポータルサイトとは、インターネットの玄関口となる巨大なWEBサイトのことを言います。不動産業界で特に有名なサイトは、リクルートが運営する「スーモ」でしょうか?

当社でも大変お世話になっている物件掲載サイトです。その他にも有名なサイトではホームズ、アットホームなど、実は不動産ポータルサイトは数多く存在していますが、それらポータルサイトの役割を見てみましょう。

【 どうして同じ物件が? 】

スーモなどの不動産ポータルサイトを見ると、同じ物件が複数掲載されていませんか?

それもそのはず、ポータルサイトには「同じ物件を掲載してはいけない」などの規約がないのです。

この為、「売主」側から許可を取った不動産会社は、他社が既に掲載している物件でも同じように広告を出してお客様に物件の紹介を行っています。

【 物件の取扱いって? 】

もともと、物件情報は各不動産業者でREINSと呼ばれるネットワークで情報共有をしています。

レインズ(REINS)とは、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているシステムで、その歴史は1988年の宅地建物取引業法の改正よりスタートし、現在は東日本、中部圏、近畿圏、西日本の4法人の指定流通機構が設立されています。

このレインズを通すことで、不動産業者は幅広い物件を取扱いができるようなり、どの不動産業者でも公平に物件を取扱えてビジネスが出来るようになりました。現在ではこのレインズが不動産業界に深く浸透し、町の小さな不動産屋も大手企業と変わらぬ物件数を紹介ができるようになっています。

もちろん、このシステムは、売主と買主にも下記のようなメリットがあります。

 

【売主】
不動産業界全体で買い手を探してもらえる。結果として、早期に売却をすることができる。

【買主】
複数の不動産会社を回る必要がなくなる。結果として、ほぼ最新の情報をどの不動産屋に行っても公平に知ることができる。

 

良いこと尽くしのレインズですが、このシステムは不動産業者だけしか見る事が出来ません。

スーモや不動産ポータルサイトは、このように閉鎖的な不動産情報を一般消費者向けに作ったものです。情報源が一緒ではありませんが、最近では掲載されている物件の数もレインズとほぼ変わらないものになっています。