管理費・修繕積立金は安い方が良いの?

pexels-photo-92028 (1)

管理費と修繕積立金はなぜ必要なの?

マンション購入の際に気になる修繕積立金と管理費。

それら費用は少額だったとしても、年月を重ねていくうちに合計するととても大きな金額になります。また、良いと思って購入手続きに進んだ物件が、後になって高い管理費等に気づく場合も多くあります。マンション選びで重要なこれら費用について、詳しく見てみましょう。

【管理費と修繕積立金の違いは? 】

管理費[Management Charge]とは・・・共同住宅(マンション)において、共有部の日常的な維持管理に使われる資金のことです。例として、清掃・エレベーター点検・管理員などが該当します。

 

修繕積立金[Reserve Fund]とは・・・・・共同住宅(マンション)において、共有部分の将来的な修繕に備えて管理組合等が積み立てる資金のことです。例として、外壁の補修・屋上の防水工事・建物診断などが該当します。

 

二つの費用の用途として大きな違いは、管理費が日常的な建物の管理に使用されるのに対し、修繕積立金は将来的・長期的な建物の修繕に使われるということになります。

【築年数が古くなると、高くなる? 】

管理費については、通常、築年数が古くなったからといって高くなることはありません。これは、上で説明したように、管理費が日常的な維持管理費用である為です。例外として、駐車場を外部の人間に賃貸している管理組合の場合、空きが多くなれば組合の賃料収入が減った為に管理費を増額する場合もあります。また、人件費の高騰などの理由により管理費が上がる場合もあります。

 

では、修繕積立金はどうでしょうか?

 

ほとんどの場合、修繕積立金は築年数が古くなるにつれて高くなります。その理由は、多くのマンションが増額積立方式を建築時から採用しているためです。増額積立方式では、新築時代から段階を得て修繕積立金を高くしていきます。メリットとしては新築時に積立金が安くなりますが、築年数が経てば積立金が高くなっていきます。日本のマンションの場合、ほとんどのマンションがこの増額積立方式で運用されています。この為、修繕積立金は築年数が古くなれば高くなる場合が多いのです。

 

【安い方が良いの? 】

管理費と修繕積立金は、安ければ安い方が良いのでしょうか?確かに安い方がお得ですが、これらの費用はマンションの「住みごこち」を大きく左右する大切なものです。簡単に安い方が良いという訳ではないのです。

 

管理費や修繕積立金が安い場合や資金に不足が起これば、管理人さんを配置することも出来なくなったり、掃除の回数が減って共有部が汚れたり、大規模修繕が出来なかったり、管理の行き届かなくなったマンションは資産価値自体を落とす結果となってしまいます。逆に、しっかりと大切に管理されているマンションは、築年数が経っていてもその古さが「風格」となります。資産価値で見ても、売却がし易い優良な物件になります。

 

管理費や修繕積立金は、そのマンションの「住みごこち」に大きく関係する重要な要素です。単に近隣と比較して費用が高い・安いで判断するのではなく、それらの費用が生み出す「住みごこち」が妥当かどうかを自分なりに判断することが大切ではないでしょうか。