リノベ済み物件とは?

pexels-photo-92028 (1)

リノベ済み物件ってどう?

最近では当たり前になったリノベーション物件ですが、そもそもリフォームとの違いはなんなのでしょうか?また、リノベーション済みの物件でもその内装には差があるのも事実です。今回は、リノベーションについて詳細を見てみましょう。

【リノベとリフォーム違いは?】

【リノベーション】とは・・・リノベーションは和訳すると「再生」という意味合いが強い言葉です。物件を新しくして、今より良い物へ改善し、物件が持つ価値自体を再生させていくものです。簡単に言うと、老朽化した物件をマイナスからプラスに作りす様なな作業です。

 

【リフォーム】とは・・・・・リフォームは和訳すると「改善」の意味合いになります。壊れた箇所や老朽化した部分を補修して、建築時の状態に戻していくものです。簡単に言うと、老朽化した物件をマイナスからゼロに戻す様な作業です。

 

良く似ている2つですが、基本的に工事完了時の目的が違います。

リフォームは新築当時に近い形へ戻すことを主にしていますが、リノベーションは時代の変化に合わせた新しい居住スタイルに作り変えることを主にしています。

この為、もちろん工事の規模はリノベーションの方が大きくなります。

【リノベ済み物件はどう?】

最近では中古マンションを探すと必ず目に付くリノベーション済み物件ですが、実はリノベ済み物件と言っても大きく2種類あります。

 

一つ目は普通のリノベーション済み物件で、間取り・浴室・トイレ・キッチンなど目で見える部分を現代に合う形へ再生したものです。良く売りに出されているリノベ済み物件は、この手の物が多いです。

 

二つ目はフルリノベーション済み物件と言われる物で、上記の目に見える表面的な部分に加えて、目に見えない床下の配管までも新しくしたものです。見た目だけでなく、排水管・給水管・給湯管など(施工会社によります)の目に見えない部分まで一新した、本当の意味でのリノベーション済み物件です。

リノベ済み物件と言っても、この様に大きな差があります。購入を検討する時には、工事の内容をしっかりと把握する様にしましょう。

【R1住宅ってなに?】

R1住宅とは、一般社団法人リノベーション住宅協議会が推進している優良な「適合リノベーション住宅」の基準を満たしたリノベ物件です。その基準は重要なインフラ(給水管、排水管、ガス管、電気配線など)に対しての検査基準を定めており、R1住宅と認定されたリノベ物件はその性能を2年間保証されています。

他のリノベ済み物件に比べて、安心して購入できるリノベ物件として今注目を集めています。